電気圧力鍋『クッキングプロ』玄米の炊飯 浸水時間0でおいしく炊ける 

ショップジャパン公式サイトはこちら

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
クッキングプロ 


ショップジャパンさんから、テレビでも紹介している『クッキングプロ』をいただきました。クッキングプロは、短時間で、本格手な肉・魚料理やご飯も炊ける電気圧力鍋』です。友達に話しをすると、クッキングプロを知っていて、普通の圧力鍋にするか、クッキングプロにするか迷っていたということでした。クッキングプロで、料理を作ると、どんな出来栄えになるのか色々試してページにアップしようと思います。

『クッキングプロ』とは?

  • 美味しい料理が簡単に作れる『電気圧力鍋
  • 一台八役(圧力料理炊飯無水料理蒸すスロー料理温め直す煮込み炒め
  • ほったらかし時短料理ができる
短時間でより美味しい料理が食べられる、クッキングプロですが、どのようなものなのか見ていきましょう。

クッキングプロの配送・梱包は?

結構大きめの梱包でした。配送の時、宅配ボックスには入らないかもしれません。

緩衝材がしっかり入っていて、丁寧な梱包でした。

クッキングプロや、その他の備品が入っていました。

白い箱の中は、クッキングプロ本体と、マニュアルが入っていました。

クッキングプロ説明書です。

圧力料理、炊飯、無水料理、蒸す、スロー料理、温め直す、煮込み、炒めなど、色々な料理が作れます

後ろ表紙は簡単なレシピが載っています

クッキングプロの専用レシピ本・蒸しプレート・落し蓋

今回は、専用レシピ集の『おまかせレシピ100』が入っていました。クッキングプロを購入したら、このレシピ本は購入したほうがよさそうです。

クッキングプロ・プレッシャーキングプロ 専用蒸しプレート

クッキングプロ・プレッシャーキングプロ 専用シリコン落としぶた

こちらは、クッキングプロ本体についていた、しゃもじと計量カップです。鍋のサイズは炊飯の5合くらいです。

ショップジャパン公式サイトはこちら

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
クッキングプロ 


『クッキングプロ』と『ル・クルーゼ』で玄米を炊き比べしてみました。

私は毎日、玄米はミネラル豊富ということで、玄米ご飯を食べています。玄米ご飯を炊く時、以前は土鍋や圧力鍋を使っていたのですが、土鍋はなべ底にヒビが入ってしまったり、圧力鍋は圧力弁が壊れてしまって使えなくなりました。最終的には、ホーロー鍋のル・クルーゼに落ち着いて、不便な事はなく使っていました。

今回は、『クッキングプロ』と『ル・クルーゼ』の玄米を炊いたときの、炊き上がりの比較や、作業工程の比較などご紹介します。まずは、クッキングプロの方からです。

『クッキングプロ』での玄米の炊き方

おまかせレシピ100の玄米レシピページです

STEP.1
玄米を計量する

玄米を2合量る。浸水は特にしません。玄米についている、ごみやほこりを軽く洗います。

通常、玄米は米粒が硬いので、6時間以上水につけておきます。かなり時間が長いですので、急に玄米を炊くということは難しいですね。クッキングプロですと、水につけなくていいのでその点は凄く楽に玄米が炊けます
STEP.2
水を420ml入れる

玄米をいきなり炊いたことがないので、本当にできるのか不思議です。下準備のストレス0ですね。

STEP.3
クッキングプロの蓋閉めます

蓋と本体の印を合わせて

セット位置まで、回し合わせます。この印がもう少し分かりやすければいいなと思いましたが、慣れると大丈夫です。

STEP.4
圧力切り替えバルブを『圧力◎』に合わせます

圧力の方に合わせます。排出の方になっていると、圧力がかかりませんので注意です。

STEP.5
ご飯ボタン→20分に設定→調理スタートボタン

時間は20分にあわせます

STEP.6

加圧調理中は、圧力ピンがあがります

鍋の圧力があがる予熱時間は10分ほどかかりました。

STEP.7
調理完了
圧力表示ピンが下がったら、切り替えバルブを『排出』にして蓋を開けます圧力表示ピンが下がるまで、10分弱かかりました。ここら辺の、時間のかかり方は、普通の圧力鍋と同じだと思います。
予熱・減圧時間がかかります
鍋に圧力がかかるまでの時間と、蓋を取るまでの減圧時間がかかりますので、実際の時間よりも多くかかります

美味しそうに炊き上がりました。しかし、浸水時間0なので、食べてみるまではまだ安心できません。

クッキングプロで炊いた玄米の感想は?

浸水時間0の玄米ご飯

美味しい玄米ご飯が食べたいですよね。

玄米のお味は、ルクルーゼで炊くより甘みがあって、より白米に近い味で美味しく炊き上がりました。コメの形もしっかりしてきれいな楕円形で、白米よりは硬いのでぷちぷちと歯ごたえもあります。玄米をしっかり浸水しないと、米が硬くなって食べられないので、玄米を炊くのに時間がかかってしまいましたが、時間のストレスもなく炊くことができました。
普通の白米も浸水は必要ですが、時間がなくてすぐにご飯を炊きたい時も、圧力時間6分で炊けますので便利ですね。

ショップジャパン公式サイトはこちら

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
クッキングプロ 


ル・クルーゼで玄米の炊いた場合

STEP.1
玄米を水に浸します

玄米を水に浸します

私は、夏で6時間以上、冬は一晩以上、水につけておきます。

STEP.2
炊飯します
玄米:2合、水:2カップ強入っています。
まず、強火で沸騰するまで加熱し、弱火で11分加熱します。
STEP.3
10分くらい蒸らします

STEP.4
出来上がり

少し米がふやけています

玄米の浸水時間が長かったか、水の量が多かったか、コメが膨張しているような気がします。ご飯は柔らかくで玄米のお味がしますが、クッキングプロで炊いたような甘みは感じられませんでした。

クッキングプロのデメリットは?

短時間調理、加圧で美味しく料理ができるクッキングプロですが、デメリットはあるのでしょうか。料理後鍋と、フタを洗うのですが、フタが大きくて洗うのが大変で、中フタやゴムパッキンなど部品が多いなと感じました。圧力鍋なので仕方ないのかもしれませんが、もう少しフタが軽かったりすると嬉しいなと感じました。

クッキングプロの洗い物たちです。

クッキングプロの評価・レビュー・口コミ
本格的
(5.0)
操作
(5.0)
料理苦手な方
(5.0)
お手入れ
(4.0)
価格
(5.0)
他、豚の角煮や、チキンのトマトソースも作ってみたのですが、ビックリするくらいお肉が柔らかくなって、お店のお味になっていました。こんなに簡単で、美味しくできるのならお買い得なのではと思いました。クッキングプロを買うのであれば、必ずレシピ本も一緒に購入することをお勧めします。色んな料理が楽しめそうです。また、違うバリエーションのレシピ本も出してほしいなと思います。先ほども書いたのですが、お鍋の蓋の部分の部品が多いので、洗い物が負担になるかもしれませんが、圧力鍋を使用したことがある方なら、同じような感じなので大丈夫だと思います。

クッキングプロ レシピ付きセット【送料無料】


販売価格:14,700円(税抜)
消費税:1,470円  | 送料:無料  | お届け目安:通常3日前後


材料を入れてボタンを押すだけで、美味しい料理が簡単に作れちゃう電気圧力鍋「クッキングプロ」。 圧力調理はもちろん、蒸し、スロー調理、煮込み、無水調理、炒め、温め直し、炊飯まで、1台で8通りの調理が簡単にできます。

詳細はこちら

クッキングプロ おまかせレシピ100

販売価格:2,000円(税抜)
消費税:200円  | 送料:600円  | お届け目安:通常3日前後


かんたん電気圧力鍋 クッキングプロで作るおまかせレシピを、全品写真入りで100品掲載!

詳細はこちら

クッキングプロで作ってみた 挑戦レシピ①イワシのまるごと甘露煮

イワシのまるごと甘露煮

イワシの甘露煮って作ったことはないのですが、材料も家にあるものばっかりで、簡単そうなので作ってみました。

STEP.1
イワシのまるごと甘露煮レシピ

クッキングプロの本に掲載されているレシピです

買ってきたイワシは、1パック三匹入りでしたので、Aの材料を全部半分にしました。
A
…1/2カップ
砂糖…50g
しょうゆ…1/4カップ
みりん…1/8カップ(←計量カップでだいたいで!)
酒・酢…各大さじ1
の量にしました。
ですので、圧力時間も短い方がいいのかもしれないのですが、わからなかったので30分でやってみました。

STEP.2
イワシとショウガを用意します

いわしは、ネットをみて頭を切って、内臓も取り出しました。※普段はあまり魚をさばいたりしません
STEP.3
調味料を3分加熱

蓋をとって3分加熱

STEP.4
イワシを入れて30分圧力

加熱した調味料に、いわし、しょうが、コンブを入れました。
STEP.5
出来上がり
甘辛くて、ご飯のおかずにぴったりのお魚のおかずです、材料を切っていれるだけで出来上がるので簡単でした。さかなにしっかり味がしみ込んでいて、柔らかくてとってもおいしく出来上がりました。さかなが柔らかくなっていたので、圧力時間30分は多かったかもしれないです。次作る時は25分くらいでやってみようと思います。

ショップジャパン公式サイトはこちら

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
クッキングプロ 

クッキングプロで作ってみた 挑戦レシピ②ポテトサラダ

クッキングプロで、ジャガイモやカボチャなどの野菜を蒸すことができます。ジャガイモの調理方法は色々あります。普通にゆでたり、電子レンジでチンする方法などネットに沢山掲載されています。しかし意外に時間がかかったり、中まで火が通ってなかったりします。クッキングプロでジャガイモを蒸してみました。どうなるでしょうか。そのジャガイモでポテトサラダを作りました。

手順1
洗ったジャガイモを半分に切ります。
今回、ジャガイモを5個蒸してみました。
手順2
クッキングプロ専用の蒸し器です
水を入れ、蒸し器をセットします。

クッキングプロの鍋の中に専用の蒸し器が入っています。

手順3
鍋にジャガイモを入れます

ジャガイモを入れました。5個は多かったかもしれません。一応蓋は閉じます

手順4
魚・野菜モード→圧力時間5分にセット

圧力時間は5分

手順5
蒸しあがりました

蒸しあがりました

箸で刺してみて、中まで柔らかくなっていたので、あつあつのジャガイモの皮を剥きました。皮は薄く剥きやすかったです。

手順6
ポテトサラダに入れる野菜を切ります

卵、きゅうり、玉ねぎ、サラミを塩コショウで味を調えました。

手順7
混ぜ合わせて出来上がり

ジャガイモと野菜と、マヨネーズを合わせて出来上がりです。

ジャガイモが、短時間でしっかり蒸しあがりました。電子レンジではしっかり中まで火が通りませんし、お湯でゆでると30分くらいゆで時間が必要ですが、それに比べると時短と電気代節約になると思いました。